KENKENのじっぷ探偵団

2001年5月20日 兵庫県神戸市「和田岬」編

2004年10月11日 兵庫県神戸市「灘五郷」編

2005年2月6日 京都府亀岡市 「稗田野神社」「大石酒造」

2005年9月24日 広島県広島市 「広島市民球場」

2001年5月20日「和田岬」

我らが和田選手と同じ名前で、全国に「和田」の地名が付くたくさんあります。
そんな中、JR神戸線・兵庫駅から和田岬線の終着駅に「和田岬駅」があります。
以前から気になっていた場所です。
というのも、鉄ちゃん(鉄道マニア)の俺にとって、気になる路線です。
というのも、一般乗客用の路線ではなく、駅周辺の工場の社員送迎用路線なんです。
昼間の時間帯は列車の運行はなく、朝夕の通勤時間帯のみのダイヤなんです。
後に出てきます、時刻表の写真をご覧いただければお解りいただけます。
案外と知られていませんが、昼間の時間帯には快速電車の練習運転をしているとか。
で、完全に工場地帯かと思っていましたが、そうではなかった。
普通の街でしたね。
というのも、神戸市バスのたくさんの系統を走らせているのです。
それで、あのダイヤでもいいのか、と納得しました。
で、今回訪れることになったきっかけは、地図を見ていましたら、
和田岬駅の隣に「和田神社」があるのを発見したからです。
では、そのレポートをご覧ください。




旅の出発点・阪神梅田駅の0番線ホームの和田選手の看板です。
タイガース選手が数名出ています。


 

和田岬駅の正面と改札口です。
駅員さんはいらっしゃいません。


 

改札口からホームを臨みます。
先ほどの話に出てきました、時刻表です。
こんな状態です。(^^;
でも、一度乗ってみたいですね。(^^)


 

さて、いよいよ目的の「和田神社」に到着しました。
立派な鳥居でした。
しかし、震災で鳥居は崩壊したそうです。
震災後、氏子の方々のたくさんのご寄付で建て直されたそうです。





神社の案内と本殿です。



神社の裏口から出ると和田岬駅のホームが見えました。

和田岬へはJR兵庫駅から和田岬線で1駅
また、神戸高速鉄道(阪神、阪急、山陽各社乗り入れ)「新開地駅」「高速長田駅」
JR「神戸駅」「兵庫駅」などからバスが出ています。
また、2001年7月7日には神戸市営地下鉄海岸線が開通して、
和田岬駅が出来て便利になります。
お時間がありましたら、一度いらしてください。


トップページへ


2004年10月11日 兵庫県神戸市「灘五郷」

10月14日は「鉄道の日」として各鉄道会社は、
この時期にいろいろなイベントを行っています。

メモ・・・1922(大正11)年に「鉄道記念日」として制定。
1872(明治5)年9月12日(新暦10月14日)、
新橋駅(後の汐留貨物駅・現在廃止)〜横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)を結んだ
日本初の鉄道が開業した。
「鉄道記念日」のままでは国鉄色が強いということで、
1994(平成6)年に運輸省(現在の国土交通省)の提案により
「鉄道の日」と改称し、JR以外の民間鉄道も巻き込んだ記念日となった。


我が愛する阪神電車も
野田駅、尼崎駅、西宮駅、御影駅でイベントが行われました。
各駅それぞれに工夫を凝らしていますが、
以前から是非とも行きたかったイベントに今回初参加しました。
御影駅から始まるイベントは「酒どころオリエンテーリング」
清酒メーカーの博物館を巡るオリエンテーリングです。
大酒飲みの俺にとってはピッタリのイベントでございました。
各酒蔵や記念館でスタンプを集めて、「魚崎駅」がゴールでした。

まずは「灘五郷」についての簡単な説明
灘は日本一の酒どころ。
灘五郷と呼ばれるように、
酒蔵は今津郷・西宮郷・魚崎郷・御影郷・西郷と、
阪神間の海岸線に沿って点在しています。
現在も多くの酒蔵が伝統の技を競い合い、
味わい豊かな酒を、造り続けています。

御影駅から線路沿いに、神戸方面の「石屋川」駅を越えます。



この駅の神戸方面よりに「石屋川車庫」があります。
ご記憶のある方も多いと思いますが、
「阪神淡路大震災」で列車が横転した場所であります。
現在の駅からは、その時の面影は見られません。
手前の川が「石屋川」



石屋川車庫に9300系の車両が留置していました。

その「石屋川車庫」のすぐそばに第1チェックポイントの
漬物屋「甲南漬」の店舗で奈良漬けの記念品をいただき
おみやげに「六甲おろし」と「虎のしっぽ」を買いました。
なんでんな、ツアーで観光バスの「トイレ休憩」は必ず「土産物屋」
このパターンと同じです。ええ・・・(笑)
おすすめは「虎のしっぽ」です。
山椒とタカノツメが利いた大根のお漬け物で、
ご飯にも酒のアテにもグッドです。

次のポイントに向かうコース中で
国道43号線を渡る歩道橋の上から車庫を望みました。







この後は清酒メーカーの、それこそ「はしご酒」で、
次に向かったのは「神戸酒心館」
観光バスの団体さんが訪れていました。
早速「試飲」に期待しておりましたが、
「スタンプはこの奥です。」
これから先も長いし、重たいから購入はしませんでした。
決して、「試飲」が無かったからではありません。
ここを後にして、国道43号線を大阪方面にひたすら歩きます。
駅で言うと「石屋川」→「御影」→「住吉」の3駅分。
ま、どんな感じかはわかりませんやろうけど。(笑)



次は「まる〜」でおなじみの「白鶴酒造」さん。
酒造りの博物館がありまして、
日本酒の良い香りが漂っていました。
大昔の酒造りの道具とかで展示していました。
こちらは申し出れば試飲さてせもらえましたが、
従業員の方が忙しそうだったのであきらめました。
それでも、美味しそうな3本セットを買いました。



この後は、割と近い距離に集まっていましたね。
次は「辛口」と言えば、「剣菱」と並んで
人気の「菊正宗」さん。
こちらも資料館がありましたが、
やっとこさ念願の「試飲」をいただきました。
「原酒」でアルコール度数が高く、味が濃い。
おちょこの半分くらいだったけど、
喉から食道にすーっと流れる間に一気によいそうでした。
やっぱり辛口の方が合いますわ。
で、ワンカップですが「樽酒」と同じというのを
おみやげにいたしました。
いやー、樽酒の木の香りがほのかにして
スーッと飲める感じでした。



次に向かいましたのは、ここからは「魚崎郷」になります。
「菊正宗」さんからすぐに
阪神・魚崎駅から乗り換えできる
「六甲ライナー」の高架下を通り、向かいましたのは「浜福鶴」さん。
勉強不足ゆえ、初めて聞くお名前でした。
店の入り口前で、早速試飲させていただきました。
「辛口と超辛口がございますが」に
「超辛口をお願いします」
日本酒と言うより、焼酎か辛口の白ワインかと
思うような口当たりで、
「鯛、ヒラメの刺身があれば最高やなぁ」と。
中では「生酒」の試飲をいただきまして、
これもコクがあって良い感じでしたわ。
生酒は保存が難しいので、吟醸酒をおみやげにしました。



そして、そこから目と鼻の先でした、
最後の「櫻正宗」さんに到着。
こちらでは酒升のおみやげをいただきました。
試飲はございませんでしたが、おみやげを購入。
ぼちぼち、足もだるくなってきましたが、
いよいよゴールでございます。



ゴールした景品は酒升とポケットティッシュでした。
鉄道の忘れ物市とグッズを売ってましたが、
鉄道のグッズで欲しいものは西宮駅にありましたので、
途中下車で念願の品を購入。
それは、懐かしいものですよ。







阪神電車の行先看板のミニチュアマグネットです。
真ん中は昭和40年代に廃止となった「西大阪特急」の看板
本線特急の看板がなかったのが残念でした。

さて、今回のおみやげはこんなんでした。



疲れたけど、楽しい一日でした(^^)

トップページへ


2005年2月6日 京都府亀岡市 「稗田野神社」「大石酒造」

今回の旅のきっかけは、昨年の入院に始まります。
りょうちゃん、くろちゃん、カムバック真弓姉さんがそろってお見舞いに来てくれました。
その時に、りょうちゃんが知り合いの実家近くの神社のお守りを授かってきました。
「会長、亀岡まで返しに行ってや〜」
あのねぇ・・・(^^;
オレは車どころか免許がないつーの!
もちろん、りょうちゃんのジョークではありましたが、
それでも自分がお世話になった、助けていただいた神社さん。
ちゃんと御礼をしなくては申し訳ない。
お祀りしている神様と同じ神社さんが近くにあれば
そちらでお守りをお返しにと思って、ネットで検索したんですが、無かったんです。
稗田神社さんで検索しますと、ガン封じの御神徳(ごしんとく)があるとのこと。
それに歴史も古く、こうなったら直接お参りさせて頂くしかないなぁと。
それが今回の旅の出発点となりました。
では、稗田野(ひえだの)神社さんについて少し解説。
(注)正しい漢字は「稗」の上に”くさかんむり”が付きます。





−御祭神−
保食命( うけもちのみこと )
伊勢外宮と同じ神様、衣食住の守り神

 大山祇命( おおやまずみのみこと )
山の守護神、延命長寿、美人の守護神

野椎命( のづちのみこと )
野の神様、田畑の作物の守り神

−神社の起り−
三千年程前にこの地に住み着いた祖先の人達が
現在の社殿の裏にある土盛の処で、
食物の神、野山の神を祭り、
原生林を切り拓き田畑を造り、
収穫した穀物を供え作物の豊作と子孫の繁栄を祈り続けてきました。

−癌封じと癌の木−
往古より婦人病にご利益があると云われ、
足袋裸足でお百度する人が後を絶たなかった。
癌病が騒がれだした時、植物学者が
『この瘤のある樫の木は、木の癌病です、
この瘤を一心籠めて撫でると癌に罹らないし、
なやみや癌病を吸い取ってくれる、世の人達に知らせて下さい。』
との言葉に従っている。
もともと樫の木は癌病によく効くと云われています。



神社さんのことを詳しく調べました。
住所や交通手段とか。
そうしますと、あるサイトで、
「探偵ナイトスクープで『マネキンと結婚した』で有名になった
”大石酒造”が近くにある」との情報が!!
そうなんです。
探偵ナイトスクープ!!ファンには有名な!
あの伝説のマネキンさんがいらっしゃる酒造メーカーさんが、
な、なんとお隣なんですよ。
番組でもちらっと稗田神社さんの鳥居が映っていました。


↑ホームページにリンクしています↑



ご存じのない方の為に、少しだけ解説いたします。
依頼者の女性はイラストやデザインをされている方で、
当時の住居は普通の人なら完全に引くであろうと思われるマニアックな部屋。
スターウォーズのダースベーダーを思わせる人形とか
イラストで部屋はいっぱい。
間寛平探偵はその不気味さにひびりまくり。
その彼女が依頼したのは旅先で、たまたま入った大石酒造さんの2階
「酒蔵資料館」で酒造りをしている格好をしたマネキンに一目惚れした。
どうしてもそのマネキンと結婚をしたい!
二人が向かった大石酒造さんに近づくと異常に興奮する彼女!
しかし、彼女を待っているはずのマネキンさんは、
痛みが激しくなってマネキン屋に返したとのこと。
マネキンを追ってマネキンの会社を訪れた二人。
会社の人に事情を説明して、マネキンを捜すことに。
しかし、会社ではどのマネキンかは解らないとのこと。
何千体とも倉庫に眠るマネキン・・・
それだけでも不気味な映像。
「こんなんわっかれへん」と半泣きの寛平探偵をよそに、
彼女はまるで呼び寄せられるように1体のマネキンの元へ・・・
「これです。この人です。」
彼女の目はすわっていた・・・
彼女が撮った写真と照らし合わせる寛平探偵は「これちゃうで」と主張。
しかし、彼女は「いや、この人ですって!」と自信満々。
寛平探偵はあらかじめ確認する方法を知っていた。
「大石酒造の方から、足の裏に『大石酒造』と書いてあるって聞いてるねん」
なんと、そこには『大石酒造』の文字!!
あまりの恐怖にマネキンを放り出した寛平探偵。
会場の客も茶の間も悲鳴が上がった!
そして、彼女はめでたくホテルの教会で結婚式をあげました。
彼女の親族とマネキンの親族ともに出席して。

では、そのイケメンのマネキンさんです。







ちなみに、資料館ではそのナイトスクープのビデオが見られるそうです。
おかみさんといろいろとお話させていただきました。
「放送あってから、全国各地からマネキンさんを見に来られました。」
はんなりした京都弁でお話しされるおかみさんがおおすめの
今しか飲めない生酒を2本購入いたしました。

さて、交通手段ですが、JR嵯峨野線「亀岡」駅から「京都バス」を利用しますが、
ローカル路線なので1時間に1本か、時間帯によっては運行していません。
駅前からタクシーで約1700円でした。
帰りはバス停で30分ほど待ちました。(^^;
詳しくは大石酒造さんのホームページをご覧下さい。

ちなみに、そのバス停は・・・




待合室に浄瑠璃人形さんがいらっしゃいます。
この旅の締めくくりになりました。


トップページへ


2005年9月24日 広島県広島市 「広島市民球場」

以前から是非とも行ってみたかった場所のひとつがここなんです。
広島東洋カープの本拠地、広島市民球場。
タイガースの次に好きな球団と公言していますし、
鉄っちゃんの血が騒ぐ路面電車も乗ってみたい希望もありました。
そして、亡くなった俺の大切な友人も広島出身だということも。
今回は町中を探索することや、路面電車の旅はなく
タイガースの応援オンリーで行って参りました。

朝7時33分発の「のぞみ」で広島に向かいました。
車両は6号車。
広島に着きましたら駅前の広電は6系統。
鉄っちゃんの血がウズウズしますねん。
町中にポイントがあり、乗り換える駅も多いし、
走っている電車の前を別の系統の電車が走っているし、
まるで大阪地下鉄 御堂筋線のラッシュアワー並でした。
乗っているだけでワクワクしましたわ。
そんなこんなしているうちに、「原爆ドーム前」に到着。
すでにたくさんのファンが球場の前に並んでいました。
球場前がそんなに広くないため、
隣の商工会議所前のビルの方に列を並ばされて、
朝の強い日差しの中、日焼けして待っておりました。
11時頃でしたか、目の前の通りを選手を乗せたバスが!
道路に並んでしたファンは手を振り声援を・・・
選手の皆さんは朝は弱いようなご様子でした。

 

 



甲子園球場では開門する時間は相手チームが練習中ですが、
ビジターチームはタイガースになります故、球場に入った頃には
ちょうどタイガースが練習中でした。
座席はゲートを出てすぐの所にしました。
外野に近く、選手が出入りするゲートも近くでした。

 

 

前日、飲み過ぎで朝食抜きだったため
ランチはちょっとボリュームのある物と思いまして、
売店に行ったところ「赤ヘル ナイン弁当」なる物を発見!
敵を食らうと言うことで購入しました。
ついでにおビールも(二日酔いやったのに・・・苦笑)
そのビールの売り上げの一部は「たる募金」に寄付されるということでした。

おにぎり3つとトンカツ、唐揚げ、焼き肉、卵焼き・・・
お茶付きでボリューム満点でした。

 

で、お弁当をいただきながら練習を見ておりました。

 



なんとなく気に入っているショットです。





試合は発熱した展開で、カープファンの熱気もすごかった。
しかし、優勝に王手の勢いのあるタイガースが逃げ切り。
声がかれるくらいに応援しましたよ。
目の前を通る監督、コーチ、選手には声援のシャワーでした。

 

 

 

和田コーチ、ファンの皆様 ごめんなさいm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 



藤モン 今季初ホームラン おめでとう!



おなじみの「原爆ドーム」
ちょっと写真だけでお茶を濁しました。

帰りの路面電車は「グリーンムーバー」でした。
路面電車とは思えない乗り心地でした。
ただ、おもっくそ混んでいたので疲れました(苦笑)

今度はしっかりと観光したいと思います。


トップページへ